日本で出会った、私の好きな建築

  • by

またPCの整理で、私がとてもインスピレーションを受けた建築の写真がでてきた。2011-14年くらい? に日本に行ったときに撮ったもの。

裏原宿のキャットストリート沿いにある建物で、数年後に行ったときにはテナントがかわっていた。当時初めてこの建築に出会ったときは、 こんなに小さな建築だけれども デザインのモダンさ、繊細さと使われているマテリアル等、色々な側面で衝撃を受けた。


壁の厚みの薄さや 屋根の薄さは、ここまで薄くできて 耐震性、外観のマテリアルの汚損、室内温度の調節機能など気になる点も多いが、それを解決できていたら凄いこと。 壁のクラディングを薄い壁として強調してエッジのフィニッシュイングをせず、おもむろに見せているのがユニークでおもしろい。何か新しいタイプのヒーベル壁なのかと連想させられる。

玄関のいいあんばいの色と厚さのコンクリートのステップと敷地にある砂利とのコンビネーションもとても素敵。

小さな敷地内で制約がある中、こんなに素敵な建築のデザインができたことはとてもクレバーだと思う。

この建築は私の心の中にいつも呼び起こされる。